rakumo キンタイ専用の【新しい】ICカード・スマート・タイムレコーダー「ピットタッチ・プロ2」

rakumo キンタイ専用の【新しい】ICカード・スマート・タイムレコーダー「ピットタッチ・プロ2」

はじめまして ご検討資料(動画・PDF)

rakumo キンタイ専用の【新しい】ICカード・スマート・タイムレコーダー「ピットタッチ・プロ2」

rakumo キンタイ専用の「ピットタッチ・プロ2」 は、お客様のICカードを利用して、打刻情報をrakumo キンタイへ記録できます。

「ピットタッチ・プロ2」の本体価格は ¥95,000/台(税抜)で、¥20,000/台の設置費と、年間のアプリケーション利用料およびサポート費として、rakumo キンタイのユーザー数☓¥100/月 で、すぐにご利用いただけます。


こちらのGoogle Driveより、最新版の資料をご覧いただけます。

また以下にプレゼン時のご紹介資料を動画で御覧いただけます。

無料トライアルも可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

当社アップス・アンド・パートナーズは、3年間600台以上のピットタッチの豊富な設置経験を生かし、この度rakumo キンタイでもご提供をさせていただくことになりました。2020年7月1日の開始にあたり、多くのお客様の役に立てますよう、これからも日々取り組んでまいります。

(写真:2019年7月31日 Googleイベントでの参考出品にて)

ご検討資料(動画:4分21秒)

rakumo キンタイ の管理者の皆様をもっとラクに!

打刻率が向上

『rakumo キンタイ 専用 ピットタッチ・プロ2はrakumo キンタイに簡単に打刻できます。スマホでパスワードを解除しての打刻やPCを立ち上げての打刻より簡単で打刻漏れも無くなります。

5年設計の長持ち端末

『ピットタッチ・プロ2はスマート・ソリューション・テクノロジー社が2011年より提供する勤怠専用タイムレコーダーで、ハードディスクやバッテリーを持たず、故障も少ない安心設計です。

ラクラク操作

『rakumo キンタイ 専用 ピットタッチ・プロ2の設定は、タイムレコーダーとrakumo キンタイの管理画面のみ。ICカードの紐付けも簡単に出来たり、データ出力機能で打刻ログを確認できます。

ピットタッチ・プロ2の優位性

動作の安定性

Windowsアップデートで打刻できない、や、OS依存もなく、代替機も24時間ご用意、確保の必要もありません。

設置の安定性

スマホやタブレットレコーダーのように背面にタッチしたり、コードが見えたり、打刻して倒れることはありません。

いたずらしにくい

スマホのようなホーム画面を持っておらず、また防御機能が施されており、いたずらしにくい構造になっています。

自動/固定IP

専用機のため、会社のネットワーク設定に必要な機能をひととおり兼ね備えており、管理者画面で逐次変更も可能です。

有線/無線/SIM

有線/無線の他、SIM(SORACOM 回線込み)にも対応し、会社回線を使えない場所でもご利用いただけます。

トライアル可能

当社では、トライアル端末(無料)を準備しており、1ヶ月間全ユーザーでお試しいただくことが可能です。

ピットタッチ・プロ2 専門設置会社のメリット

タイムレコーダーのトライアルの段取りから
本稼働まで丁寧にサポート
安心の専門設置会社です

株式会社アップス・アンド・パートナーズは、これまでのピットタッチ・プロ2 タイムレコーダー(Salesforce版 APPS PASS)での600台以上のデリバリーサポート経験、SaaSアプリケーションへの確かなコンサルティング技術や運用経験を生かし、多くのお客様の役に立てますよう日々取り組んでおります。

無償トライアル〜ご設置、そしてご設置後のメンテナンスまで、お客様のご不安のないよう、専用のテクニカルセンターより、どんな規模でも親切・丁寧に、そして何よりも迅速なサポートを心がけております。

設置後もさらに手厚い!故障サポート&メンテナンス
お困りの際は、いつでもお電話下さい

  • 端末のような機械の故障は管理者にとって不安なものです。私達は打刻ができない時間を1分でも減らすために以下の手厚いサポートをタイムレコーダー ライセンス利用料の中で実施します
  • 通常のメールサポートの他、 24時間365日のフリーダイヤル・緊急お電話対応を行っております。お困りの際は、いつでもサポート スタッフにお問い合わせいただけます。
  • 端末や備品の故障の可能性が高い場合、すぐに代替機をご用意し、ご訪問またはご配送を行います。
  • 保証書の利用規約内のご利用での修理費用はご契約期間内はすべて当社で負担いたします。
  • 御社ネットワークの故障の場合でも、docomoの電波があれば繋ぐことが出来る有線ルータを無償でご用意して、御社ネットワークを使わずに暫定稼働させます。
  • 月に1回程度ご契約者様宛にサポートメールを送信いたします。

お問い合わせ・無料トライアル

簡単な御質問でも、お気軽にどうぞ! 
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
 送信いただき、ありがとうございます。

トライアルに必要なものをチェックしましょう

トライアル〜ご導入までの流れ

STEP

1

トライアルにつきまして、お客様のご要望をお伺いしながら都度アレンジさせていただきますのでご安心ください。一般的な流れとしましては、rakumo キンタイをお使いの場合、まずは御社名を伺い、当社よりrakumo社にタイムレコーダー機能の有効化を申請します。

STEP

2

トライアル端末の設定をお選びいただきます。(管理者パスワードON/OFF、出退勤切替、時間表示)

STEP

3

当社でトライアル端末の準備(キッティング)が整いましたら、サービスのご説明とトライアルの設置にお伺いします。
(最短2営業日の予定)

トライアル端末の設定が完了しますとrakumo キンタイ のメニューの「打刻専用端末の設定」にトライアル端末の品番が表示されます。

なお無償トライアルについては、設置に伺う場合、東京都以外の場合、別途東京駅からの交通費(ルート等ご相談)が必要となります。お伺いさせて頂く場合、当日のICカードの紐付けのお手伝いも可能です。また配送も可能です。(配送料当社負担:配送の事前にWEB会議などでサービスをご説明させていただきます。)

STEP

4

トライアル期間は最大1ヶ月となります。全ユーザー様でお試しいただけます。
機能に問題がございませんでしたら、ご発注をいただき、トライアル機と本番機を交換します。
最短1営業日で本番機は出荷可能です。
なお、ICカードの紐付けデータはタイムレコーダー内ではなくrakumo キンタイ内に記録されていますので、本番機交換後もそもままご利用いただけます。

STEP

1

トライアルにつきまして、お客様のご要望をお伺いしながら都度アレンジさせていただきますのでご安心ください。一般的な流れとしましては、rakumo キンタイをお使いの場合、まずは御社名を伺い、当社よりrakumo社にタイムレコーダー機能の有効化を申請します。

最新ニュース

2021/03/01
2020/12/01
2020/11/30
2020/10/19
2020/09/15
2020/08/11
2020/07/10
2020/07/01
2020/05/01
2019/08/01
2019/07/31

ーーー ニュース一覧 ーーー
2020/07/10

よくある御質問

Q
対応するICカードの規格を教えて下さい。またどんな仕様でICカードを読むのですか?
A

ピットタッチの対応ICカードの規格は以下となります。

●FeliCaカード
 FeliCa Standard RC-S850/860/880シリーズ(RC-S851/852を除く)、RC-S891、RC-S938
 FeliCa Standard RC-S830シリーズ、RC-S801/802、RC-S890
 FeliCa Lite RC-S965
 FeliCa Lite-S RC-S966
●Type A(ISO14443A)
 MIFAREカード Standard 1K、Standard 4K、UltraLight

またピットタッチはICカードの個体番号のみを読み取りますので、
もしICカードの管理会社より「ピットタッチはどんなふうにICカードを読む仕様なのか?」と問い合わせがございましたら、そうお伝えいただければ、なるほど、となるかと思います。

Q
タイムレコーダーの導入にかかる費用を教えて下さい。
A

「ピットタッチ・プロ2」の本体価格は ¥95,000/台(税抜)で、¥20,000/台の設置費と、年間のアプリケーション利用料およびサポート費として、rakumo キンタイのユーザー数☓¥100/月 が別途かかります。

お見積につきましては、ご導入されたい端末台数とrakumo キンタイのユーザー数をいただけましたら、すぐにお出しさせていただきます。
Q
スマートフォンで打刻はできますか? どんなICカードで打刻させるのですか?
A

ピットタッチはICカードのICチップの個体番号を読み取って、rakumo キンタイ側に登録した番号と照合して、その勤怠を記録するのですが、スマートフォンの場合、機種にもよるのですが、個体番号がスマホ側で都度可変してしまったりするため、照合ができない=そのため端末メーカー側より非対応の案内をいただいております。

よくある運用例としては社員証や施設への入館カードやコピー機のセキュリティカード等、社員様が”共通で”もっていらっしゃるICカードにICチップが埋め込まれていましたら、そちらを代用して使われたりします。

社員様のスイカなどの交通カードでも大丈夫ですが、なんでも紐付けらるルールにしますと、管理者様の負荷も高くなるため、入退社管理と一緒にICカードも配るような感じが一番スッキリするかと思います。

またもしICカードをお持ちでない場合は、当社で簡易的にお作りすることも可能です。

Q
例えば警備会社の入退出用のICカードを使っている会社様はありますか?
A

はい、SECOM様やALSOK様などの警備会社のICカードを兼用されている方も多くいらっしゃいます。

ICカードが実際に使えるかどうかは、トライアルを行う段階でテストを行いますが、もしくはICカードをお持ちでしたらトライアル前に伺って当社トライアル機でテストも可能です。

Q
打刻のログはどのように保存されているのですか?
A

打刻のログはタイムレコーダーからrakumo キンタイに送信されれば、すべてrakumo キンタイ側に記録されます。
rakumo キンタイの「データ出力機能」等でも一覧表示できます。
またこちらはあくまでトラブル時の調査用などの目的ですが、タイムレコーダ側にも最大10000件までログを記録しています。

Q
rakumo社のページに記載されているスマホ打刻機との違いを教えて下さい。
A

大まかには、rakumo キンタイへの打刻の基本機能は一緒、
タイムレコーダーの設置やメンテナンスは、ピットタッチ・プロ2(以下専用機)は当社が行い、スマホは御社で行います。
あとは耐久性やセキュリティでは、やはり打刻専用で作られております専用機に優位性があると考えております。

■機能
専用機:打刻機能、ICカード紐付け機能、ネットワーク設定機能(詳細に可能)、未送信ログ保存機能、端末画面切替機能

スマホ:打刻機能、ICカード紐付け機能、ネットワーク設定機能(スマホ依存)


■設置
専用機:ネットワークへの接続も含めて、
    すべて、アップス・アンド・パートナーズが責任をもって実施
    接地面に安定して置けます。

スマホ:すべてお客様で実施。
    NFC対応Android端末は一般的に背面にICカードをタッチしますが、
    それではICカードはタッチできないため、お客様でスタンドや延長アンテナをご用意いただきます。
    きちんと設置しないと、倒れやすくなります。


■保守
専用機:24時間電話サポート、故障時の代替機翌日発送。保証書の範囲での修理費用負担。

スマホ:お客様でメンテナンスを行います。


■耐久性
専用機:常時つけっぱなしで稼働する想定で作られています。
    バッテリーやハードディスク等の駆動品がないため、5年以上長持ちします。

スマホ:常時つけっぱなしで稼働する想定で作られていませんので、
    一定年数つけっぱなしの場合バッテリーが膨張するなどの故障が散見されます。
    故障時の代替機が廃版になっていることもあります。


■セキュリティ
専用機:PCやスマホではないため、いたずらができません。
    また専用機のため、なんらかの悪意を施すことも出来ません。

スマホ:アプリを終了すれば、通常のスマホの画面が表示され、他のアプリも操作可能です
    アプリで打刻するので画面ロックは掛けられないと思われます。


■盗難防止
専用機:ワイヤーロック可能、壁付けも可能(いづれもオプション部品を利用します)

スマホ:特になし

-------


社員の皆様やご担当者様に、安心・安定してrakumo キンタイをお使いいただけますのは、もちろん専用機と思っておりますが、その分金額も少々お高くなりますので、上記の要素やご担当者様のお手間などもご考慮の上、どちらかをご検討いただけますと幸いです。

 

Q
Google Workspaceの「Cloud Identity Free Edition」では使えますか?
A

rakumo キンタイでのGoogle Workspaceの「Cloud Identity Free Edition」対応につきましては当社では分かりかねますためrakumo様にエスカレーションさせていただいております。

Q
例えば端末からLANケーブルが外れていた場合に打刻するとどうなりますか?
A

ネットワーク不通時でも、ピットタッチは打刻データを保存し、ネットワーク再開時に順次送信します。端末右上に「未送信 XX件」と表示されます。なお再送はrakumo キンタイのサーバー側で24時間まで受け付け、それ以上は不正な打刻と判断されます。

Q
出勤・退勤を2回したらどうなりますか?
A

rakumo キンタイの仕様で、2回目の出勤・退勤は端末上でエラーになります。
なお、⼀度でも端末ほか、⼿⼊⼒やwebブラウザ上で出退勤の打刻が⾏われていた場合、端末画⾯でエラーが表⽰されます。
またICカードで打刻していなくても、webブラウザの出勤簿上で消しても、再び端末よりは打刻を⾏うことはできません。

Q
出勤・退勤を、「退勤」「出勤」の順番で記録したらどうなりますか?
A

試しに、最初に退勤”18:20”でタッチさせて、出勤”18:25”でタッチすると、rakumo キンタイのルール上(出勤・退勤は1日1回)送信は成功し、出勤簿には出勤 18:25 退勤 18:20 実働時間がマイナスとなりますが、この場合rakumo キンタイでの締めの時にエラーになり、修正いただくことになります。

Q
「打刻機で打刻したデータを本人が出勤簿で修正でき”ない”ようにすることはできますか? またその場合どのような修正方法が有りますか?(修正申請など?)」
A

ご本人が出勤簿で修正でき”ない”ようにすることは可能です。詳しくはこちらのrakumo キンタイのサポートをご参照ください。

また本人以外の修正につきましてはrakumo キンタイ管理者やスタッフの上長は「スタッフの出勤簿」画面 (勤怠管理 > スタッフの勤務状況や、マスターの管理 > スタッフの管理から遷移可能)で打刻時間を修正することができます。

ということで、修正不可の場合の修正については、上長の方に「修正をお願いします」と口頭やメールやチャットなどで申し出て、その上長の方が直してあげるようになります。

Q
「データ出力設定の作成」の打刻手段は何種類ありますか?
A

2020/10現在で、web(Web打刻), mobile-web(モバイル), card(ICカード打刻アプリ), pit(ピットタッチプロ), manual(手入力) になります。

Q
旧rakumoタイムレコーダーから、ICカードの番号を引き継げますか?
A

rakumo社より、rakumo キンタイでは引き継げないとの回答をいただいており、再度ICカードの紐付けが必要になります。こちらにつきましてはできる範囲で当社で紐付けのお手伝いをいたします。

Q
打刻用のICカードは販売しておりますでしょうか。
A

 ICカードにつきましては、無地のものでしたらAMAZONで「ICカード Felica 白無地」と検索すれば簡単に購入できますので、当社を通さずとも購入は可能ですが、一緒にということでしたら、もちろん可能です。
また、ICカードに顔写真や番号を印刷したい、個体番号(IDm/UID)も管理したいので欲しい、などの個別のご要望がありました場合は別途専門のICカード製造会社様をご紹介させていただいております。

Q

丸めの設定は影響しますか?

A

端末からの打刻も、PCでの打刻と同様に、丸めが発⽣したことを出勤簿上で気づきやすくするため、「rakumo キンタイで打刻の丸めが発⽣していた場合 かつ 丸め前と丸め後で数字が異なる場合」丸め後の時刻を太字で表⽰し、カッコの中に丸め前の時刻を表⽰します。
なお丸め前と丸め後の時刻が⼀致している場合、時刻は⼀つのみ表⽰されます。
出勤簿 PDF は従来どおり、丸め後の時刻のみを表⽰します。
また労働時間の集計の際には、丸めを利⽤することは可能です。
(打刻時刻⾃体を丸めることもできますし、打刻を元に集計された労働時間も丸めることもできます。)

rakumo キンタイのリリースノート(2021/1)も併せてご参照ください。

Q

⽇を跨いだ退勤打刻はできますか?

A

例えば、7/7 出勤: 9:00、退勤打刻なしという状態で、以下の退勤の場合、7/7 の退勤打刻とみなされ、⽇を跨いだ退勤が可能です。

・翌⽇が労働⽇かつ、出勤打刻が無く、その⽇の所定労働開始時間より前に退勤を⾏った場合
・前⽇の出勤打刻から24時間以内に退勤打刻を⾏った場合

表記は例えば 7/7 出勤 9:00 退勤 翌8:59 の場合 退勤 32:59 になります。

Q
対応するICカードの規格を教えて下さい。またどんな仕様でICカードを読むのですか?
A

ピットタッチの対応ICカードの規格は以下となります。

●FeliCaカード
 FeliCa Standard RC-S850/860/880シリーズ(RC-S851/852を除く)、RC-S891、RC-S938
 FeliCa Standard RC-S830シリーズ、RC-S801/802、RC-S890
 FeliCa Lite RC-S965
 FeliCa Lite-S RC-S966
●Type A(ISO14443A)
 MIFAREカード Standard 1K、Standard 4K、UltraLight

またピットタッチはICカードの個体番号のみを読み取りますので、
もしICカードの管理会社より「ピットタッチはどんなふうにICカードを読む仕様なのか?」と問い合わせがございましたら、そうお伝えいただければ、なるほど、となるかと思います。

*rakumoは株式会社rakumoの登録商標です。
*Suicaは、東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です
*PASMOは、株式会社パスモの登録商標です
*FeliCaは、ソニー株式会社の登録商標です
*Google、G Suite Google Workspaceおよび関連する全てのロゴは、Google,inc.の商標です。
*ピットタッチは、株式会社スマート・ソリューション・テクノロジーの登録商標です
*その他各種製品名は、各社の製品名称、商標または登録商標です。